2553873_s.jpg

​五十肩(肩関節周囲炎)について

​ 俗にいう四十肩、五十肩というのはそもそも一つの病名ではなく、肩関節の疼痛と可動域制限を生じた状態を指し示す言葉だと考えてください。医学的には肩関節周囲炎、凍結肩、癒着性肩関節炎、肩関節拘縮といった病名が相当します。​

 程度や成因、経過は様々であり、数ヶ月で軽快する場合もあれば年単位かかる場合もございます。また疼痛はいずれ軽快するものの、可動域制限は残存する場合も多いです。

 読んで字の如くで、40、50歳代に多いのですが、微細な腱板損傷や腱板炎、石灰沈着性腱板炎、上腕二頭筋腱炎などをきっかけに移行していくこともあります。様々なきっかけとバリエーションをともなって起こりえる病態だということを御理解下さい。

 残念ながら四十肩、五十肩になってしまった場合の治療としては、疼痛緩和のためのエコーガイド下の関節内注射、およびリハビリテーションによる可動域の改善を行っていくこととなります。​夜間痛が強く眠れない状態のときは​ステロイド製剤を注射したり、消炎鎮痛剤内服していただきます。激痛が収まってきたら、関節可動域の改善のために潤滑剤としてヒアルロン酸の注入を行っていきます。

​ いずれにしても一朝一夕で治癒するものではございませんが、放っておくと遷延してますます可動域制限が残存してしまいますので、ある程度根気強くリハビリを続けることをお勧めいたします。