​腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアとは 腰の骨と骨をつなぐ椎間板といわれる軟骨成分の一部が逸脱する状態をいいます。無症状の場合もありますが、急性発症においては神経を刺激し、激しい腰下肢痛を呈することもあります。椎間板ヘルニアに対しては必ずしも手術が必要というわけではなく鎮痛剤(NASID、プレガバリン、ミロガバリンなど)の内服などで様子が見れるようであれば、自然経過で症状が軽快する場合も数多く存在します。痛みが非常に強い場合や症状が遷延する場合においては神経根ブロックや仙骨硬膜ブロックなどで除痛を図ります。患者様の年齢や職種などから社会的利益が大きいと判断すれば手術をお薦めすることもあります。疼痛が落ち着いたら、体幹機能の改善のためコアトレーニングやストレッチを行っていきます。

  • Facebook

東野整形外科医院

Tohno orthopedic clinic

福岡市東区香椎駅前2丁目5−1

 092-681-1018

Copyright (C) 2019 東野整形外科医院