​ぎっくり腰になってしまったら

1246400_s.jpg

​ぎっくり腰の経験がある方も多いと思います。

そもそも、ぎっくり腰とはいったい何なのでしょうか?

​ぎっくり腰のイメージとしては、

・ある瞬間(特に中腰で重たいものを抱えるなど)に突然生じ、

・体動が困難で腰が曲げたり伸ばせない状態となり、

・数日は痛みで日常生活を制限されるものの、1週間程度で改善していく。

以上のような経過をたどるのが、典型的なぎっくり腰かと思います。

ぎっくり腰というのは俗称ですが、医学的に病名を付けると”急性腰痛症”(文字とおり急に腰が痛くなる状態)という診断になることが多いです。これは状態を指し示す病名にすぎず、原因を同定しているわけではありません。先に示したような典型的なぎっくり腰の症状であれば、多くは腰の関節(椎間関節もしくは仙腸関節)の捻挫であることが多いと言われています。

 

治療としては原因となる椎間関節および仙腸関節へのブロック注射を行い簡易コルセットを装着いたします。(コルセットは病院で処方すれば保険適応となることが多いですので、早まってドラッグストアで高価な市販品を購入せず、病院に受診しましょう。)痛みが強い間はNSAID(消炎鎮痛剤)の内服をしていただきます。

 

必ずしも典型的な経過をたどるわけではありませんので、症状が遷延する場合や下肢症状を伴う場合はMRIなどで椎間板ヘルニアなど器質的な病変の評価も必要となります。